--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.02 12:51|占星術
グラトラのはなし、と言っても、
現在の星空に形成されてるらしい水のグラトラのはなしではなくて、
自分のネイタルに存在している地のグラトラのはなし、です。(誰にとってもいらん情報)

グラトラと言っても、小惑星込みだし、オーブも若干緩いです。

ただ、関わってる惑星とか、場所とか見てると、
自分自身に大きく影響してるなぁ、と感じられるので
自分では採用してみています。

どんなグラトラになっているかというと、

月(12室乙女座4度)&金星(4室山羊座6度)&セレス(8室牡牛座3度)

なのね。

オーブは3度以内に収まってはいます。

月・金星・セレス、と、どれも女性的な惑星で

(セレスは大地母神の星、と言われます。月は母性、金星は女性性ね。簡単に言っちゃうと。)

その3星が、地の3つのサインの中に三角形で存在していて、抜群の安定感。

そして、それが4室・8室・12室という、どれも外からは見えづらい場所で働いている。

(4室は家、8室は死、12室は・・・えーと、秘密?精神?無意識の世界、みたいな。)

こういう座相を見ていると、「ああ、これ、何か母性のグラトラっぽい・・・」
とか思っちゃうわけなのですが、

実際には、母性とは言っても、そんなにあれこれ子どもの世話を焼くのを好む母ではないし、

むしろ「ほっとくのが愛!」って、本気で思ってるし、

ほったらかしにして、自分は自分で好きなことやってても割りと平気だし、

それでも、子どもらはきっと安心して生活してるし、生きていけてる、と思っています。


あえて言うと、この根拠のない安心感のようなものが、
わたしの持つ地のグラトラの生み出すものなのかもしれない、
とも思います。

ふわふわしたことばかり考えてる割りに、
周りから、かなりしっかりしてるように見られることも多いです。

揺らがない人だと。

放置母なのに、ものすごい母性にあふれた、いわゆるいいお母さんだと思われてる
こともかなりあって戸惑う。

それも多分、この地のグラトラの生み出す印象なのだろうなぁ、とか。


ま、好印象を与えることは、不安感を与えてしまうよりはいいことだと思うので、
それはそれでいいのですが、

(1室に冥王星入ってるから、何考えてるかわからないって不安感を与えることも
結構あるみたいって思うから(´Д⊂ヽ)

グラトラ=グランドトラインって、幸運な座相、って昔は言われていたけども、
実際には、その抜群の安定感ゆえの、発展なき牢獄、とも捉えられるので、

このグラトラ外のことをやろう!・・・とか思うと、
なかなかそこから抜け出せないジレンマが生じるわけなのですよ。


わたしの場合、家でお母さんを大人しくやってる分には、
多分このグラトラが、全面的に守ってくれるという心強さはある。

そして、そういうことが結構好きだったりするので、
このグラトラに囚われているという状況ってのも、
たまらなく甘美ではあります。

算命で見ても、母性の星がキーになってるので、
やっぱり基本はお母さんが向いてるのだな~、と、
ちょっと不思議な気持ちになったりはします。

だって、もともとは、子どもなんて苦手だったし、
家にいるのは好きでも、お母さん的なことって
何も興味なかったしね。


で、そんな感じの地のグラトラ持ちのわたしなのですが、

この7月中旬の星空に形成される、噂の水のグラトラですね、
これは、蟹座木星・蠍座土星・魚座海王星の3星で形成される大三角形
なわけですが、

この水のグラトラは、それぞれのサインの4度あたりで形成されます。

自分の地のグラトラは、3度・4度・6度で形成されてるので、

このふたつのグラトラを重ねあわせてみると、

六芒星が、自分のチャートの上に出現する形になります。

(自分のグラトラ、ちょっと緩いけどなー)


六芒星は、陰と陽の合体、能動性と受動性の合体、など、相反するものの調和を
表す形です。

自然界で、もっとも安定した形が、六角形です。

(ハニカム構造、とか。)

(六芒星について→http://inri.client.jp/hexagon/floorA7F/_floorA7F_hexagram.html
このサイトの説明を参考にさせていただきました。)


6という数字は、今年のわたしにとっては、多分重要な数字で、
以前ブログにもちょっと書いたのですが、

6=奉仕とか、外に対する責任を果たすような数だったりします。

六芒星という形の持つ性質は、多分そういった、避けようのない
果たさねばならない何かをもたらして来るような、そんなイメージもあります。


そんなわけで、この夏の水のグラトラのもたらすものに、
ちょっと興味津々になってきた今日このごろなのです。

おそらく、生まれる前にこの水のグラトラスイッチとかも計算に入れて、
わたしは設計図を引いて生まれてきたのだと思うのですが、
とりあえず、何か起こったら流れに乗ろうとは思いますが、
今のところは何も起こってはおりません。

そして多分、自分からはわざわざは何もしない。(壮大な無駄仕掛け)
スポンサーサイト

テーマ:占いカウンセリング
ジャンル:心と身体

2013.05.15 17:01|占星術
やばい!更新がないから広告が表示されだした!

ってわけで、見づらいので更新します。
今日は西洋。

ディスポジターを追ってみました。

ディスポジターとは。

ホロスコープの中にある惑星(普通は10大天体)の流れみたいのを見ることです。

追い方については割愛しますが、こんな感じ→http://www.d1.dion.ne.jp/~astro_e/kougi_g.htm

これを追うことによって何がわかるか。

本人の意思決定のパターンのようなものが見えてきます。


わたしの場合、この流れの根を追っていくと、

☆「射手座木星(3室)」(ファイナルディスポジター)

と、

☆「山羊座金星(4室)」と「牡牛座土星(9室)」のミューチュアルレセプション

の2つのパターンに行き当たることがわかります。


火星・海王星は木星へ、

太陽・月・水星・天王星・冥王星は、金星・土星へと流れていく2つの流れになっています。


これで何がわかるか。


最初の火星・海王星・木星のグループに関する意思決定の流れは、
射手座木星のたったひとつのファイナルにたどり着いていますから、
射手座木星の示すような内容で、ずばっとはっきり決断できるわけです。


そして、もうひとつの金星・土星のミューチュアルレセプションへと続く流れは、
山羊座金星と牡牛座土星の間を、行ったり来たり、相互に依存しあいます。
行ったり来たりするので、ファイナルを持つときのようにバシッといきなりは決められない。

さっき上に貼ったリンク先によると、

「ミューチャルレセプションを持つ人は、天体が互いに依存し合っているために、やや無責任になりやすく、最終決断が甘い傾向にあります。」

とありますね。

まぁ、天体がお互いに押し付けあう感じになると、確かに何か無責任な印象になるか。

だけど、このミューチュアルレセプション、2つの天体をただ無意味に行ったり来たりするわけではなく、

2つの天体が、「これどうよ」「いやいや、これはどうよ」と延々とディスカッションを続けてて

そのため、そのディスカッションしてる内容について、独特の深みが増していくような印象。

あと、もちろん、相互依存ですから、お互いに助け合うような効果も。


・・・・で、このディスポジター。

これ自体は、だいぶ前に見たことがあって、その時はサインしか見てなかったので
ただ「ふーん」くらいな感じだったのですが、

今回はハウスもちゃんと見てみて、「おお、なるほど!!」と今更な発見の気持ち。


4室山羊座金星と9室牡牛座土星のミューチュアルレセプション。

簡単に言うと、4室は「家庭」の部屋、9室は「思索」の部屋です。

わたしは、「家庭」の場と「思索」の場を、行ったり来たりしてるわけですね。

牡牛座と金星が示すのはアート、芸術。
山羊座と土星が示すのは試練と学び。

牡牛座も山羊座も地のサインで、現実的。


まさにまさに、なのですよ。

常にそのあたりをぐるぐるし続けています。

最近は、そのぐるぐるが楽しくてしょうがないですよ。

テーマ:占いカウンセリング
ジャンル:心と身体

2013.04.11 01:23|お知らせ
お久しぶりの更新です。

何をしてたわけでもないのですが、
毎日ひたすら遊んで、ひたすら学んで、
春休み中は、ひたすら排毒していました。

突然ですが、ブログタイトルを変更します。

リンクを貼ってくださってる方は、
お手数おかけしますが、変更していただけると幸いです。

「mitsubanest」

ますます篭り続けるつもりか?という感じのタイトルですが、
もう、12室月なんで、篭ってないと、心壊れますよわたし、と開き直って、
篭ったまま、ここでいろんなことして遊んで風穴開けちゃおう、という試みです。

今夜は新月なんですね。

春分後最初の牡羊座新月。

とにかく、何も考えずに思うがままに突っ走れ、的なムードが
満ち満ちているので、

思うがままに、ブログタイトルを変更してみました。

思うがままに、ここで占い遊びとかもしていくよ☆

というお知らせでした☆

テーマ:日記
ジャンル:心と身体

2013.01.21 11:16|日々
寒い日が続きますね。こんにちは。

お日さまの光が部屋に入ってる間は、暖かなので、
やはりお日さまえらい、と思ってしまうのです。

で、表題通り、

ようやく太陽が水瓶座に入り、水瓶座の季節がやってきました。

この季節は、やはり何となく嬉しいです。
何となく解放感があるというか。楽に呼吸のできる感じが。
寒いので、主にこたつの中ではじけてますが。(せまっ。)

誕生日が2/11なので、わたしにとって、一年の節目は元旦よりも
立春、そしてMyBirthdayです。

数秘術で見ると、2012年は「9」の年でした。9年周期の総決算。
頂点数「11/2」をテーマとする9年でした。
(2の意味は、協調していくこと、ね。)

次の誕生日に、次の9年サイクルに入ります。
今度のテーマは「6」。

一言で言うと、義務とか奉仕、責任を意味する数字。
まぁコツコツとやっていくことにします。
急がば回れ精神で。
ちょうど姓名数も「6」だし。大事なテーマです。

ソーラーリターン図を出してみても、6室強調です。
太陽・月・水星・火星・海王星が大集合。
金星も5室終わりだけど、5度前ルールで6室だ。
ああよく見たら、キロンとかもいる。

(ソーラーリターン図とは。
毎年の誕生日あたりに、太陽が生まれた時と
ちょうど同じ位置に戻るわけだが、その、
ちょうど戻ってきた瞬間のホロスコープのこと。
その年一年の流れを見るのに使ったりします。)

7つの星が6室に。

・・・大丈夫かな、わたし。

MCと合になってるベスタが、土星・冥王星とタイトなヨッドの形を
取ったりもしている。

・・・大丈夫かな、わたし。

(ベスタの意味:義務、とか。どーん。)


まぁ、なるようにしかならないので、
もう、なすがままに、ね。


占いでいろいろと流れとか見つめていると、

おまえ、どういうつもりでこういう時期を設定してました?

って、自分に問い詰めたくなることもたまにありますが、

「よし、この時期は危ない時期だから、こういう風に過ごそう」

とか、

「よーし、ここがチャンスだからがんばるぞー」

とか、

そういう発想で動くのがとてつもなく苦手なので、

流れを眺めつつも、一旦全部更地にして、

その日の気持ちのおもむくままに、好きなように過ごしていようと思います。


じゃあ、何のために眺めるのかって?


何だかおもしろいから。


そう。気持ちがそっちにおもむいたから、です。好きなようにしました。


そんなわけで、今日からまた、タロットの勉強も再開します。

ランキング参加してます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
お気に召したらぽちっと♪



テーマ:日記
ジャンル:心と身体

2012.12.31 23:25|日々
もう間もなく、2012年もおしまいですね。

今年はわたし、いつも以上にどんどん潜っていく1年となった気がしますが、

現実生活では、どんどん外に出ることもあったりして、

両極端のようでありながらも、そのどちらも統合が取れてるような

個人的には、とても過ごしやすい1年となりました^^


来年は、またおそらく、違った展開になるのだと思います。


みなさん、今年もありがとうございました。


こんなマイペースなブログですが、

また来年もどうぞよろしくお願いしますね(*^_^*)

rose


ランキング参加してます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
お気に召したらぽちっと♪

テーマ:日記
ジャンル:心と身体

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rose

Author:rose
手作り好きの占いオタクです。
2人の娘&夫との4人家族。
6室水瓶太陽。12室乙女月。ASC乙女。
kin9「赤い太陽の月」(WS赤い竜)。
伝統的マヤ暦でいうと、「サル・3」。
誕生数は「22/4」。氏名数は「6」。
算命日干は丁卯。中心星は調舒星。最身弱。
紫微斗数命宮は天同星。
動物占いはコアラ。(もういい)
どうぞよろしくお願いします♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ぶくおふ

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。